ウォルナット片袖デスク

大人による大人のための机。

ひとり穏やかに過ごす。書斎でもリビングの片隅でもかまわない、自分に戻る場所。

スタイルはオーソドックスでスタンダード。
研ぎ澄ました美意識でもって現れたモダニズム。

ウォルナット。キメが細かく、触れるとほのかにあたたかで癒される質感、黒みがかった濃い紫色とも赤みを帯びた暗い灰色とも形容される独特な木肌がシックでアダルト。

家具にする木について詳しくはこちら。

取っ手はさらに色濃いコクタン、ぴったりでしょ。

深さの異なる2段の引出はどちらもA4のクリアファイルが入る大きさで、

上の引出には取り外し式のペントレイ付き。

これが後ろ。きれいでしょ!
カグオカはね、こういう家具屋なんです。

天板は幅110cm、奥行き55cm。
大きすぎず小さすぎず、社会人にふつうこれ以上の広さは必要ない。
同じ立ち位置にいるわたしがさまざまな場面を想定して決めました。

 
さて、こんなふうに片側に引出がついた机を片袖机といいます。 勤め先でお使いのスチールデスクもこのタイプですね。
 
たぶんそれって右袖でしょう?左袖のものはまず見たことがない。なぜか? おそらく右利きの人が多いからというのがその答え。なんとも単純な。 確かに一理はあると思う。中身の詰まった重い引出を利き手じゃないほうの手で引き出すのはちょっと大変そうだし。

じゃあ左利きはどうするの。我慢しろと?非主流派はこうして不遇をかこってきたんですねえ。


しかしこのカグオカのこのデスクは
 
左袖にもなる。

引出の箱体(ユニット)を簡単に左右にスライドできます。
動きスムース、カグオカのアイディアと技術力のたまものです。

右袖にも左袖にもなる。
こんな机、見たことない。かっこよくて超便利。最高!

 
実は必ずしも右袖は右利き、左袖は左利き向けというわけじゃない。むしろ逆かも知れない。

パソコンを使うとき、右利きの人がマウスを動かすスペースを考えると右に傾いて座った方がやりやすい。 とすれば左袖が好都合。

左手でコーヒー。

大人好みの作り込み、ちょうどよい大きさ。


もう一度言います。
大人のあなたのための机です。


チーク・バージョンはこちら、クルミ・バージョンはこちら。
このページで紹介したデスクの内容

タイプ:片袖タイプ
木の種類:ウォルナット
サイズ:長さ1100mm 奥行550mm 高さ700mm
仕様:引出ユニット可動式
仕上げ:オイルフィニッシュ
このアイテムは多忙につき受注停止中です。

カグオカから届くメルマガのご案内

ユーザーレビュー
デスク(抜粋)

K・Nさん | 東京都江戸川区new!
チェリーデスクスタンダードタイプ
(長さ110cm×奥行65cm×高さ70cm)


①カグオカさんとの出合い
インターネットです。 たくさんある家具屋さんの中でも家族経営的なショップを検索していてカグオカさんのHPにたどり着きました。 お一人もしくはできるだけ少人数で家具を作っていただくことを望んでいました(納期的なスピードよりも「顔が見える」に近いおつきあいを優先したいと思ったのです)。

豊富な写真や商品のご説明から岡本さんの「タダモノではない感」が、ひしひしと伝わり、ぜひお願いしたい!と思い、初めてオーダーしたのが「チェリー丸ちゃぶ台」です。 ※岡本さんが過去に出演された「TVチャンピオン」は残念ながら見ていません。 ただ、そのときのレポートを拝読し、番組は見ていないながらも臨場感が伝わってきて、ひとしきり笑わせてもらいました。

②今回のデスクをお願いしたきっかけ
コロナによる在宅勤務です。 カグオカさん製のチェリーの丸ちゃぶ台で食事も仕事もするなかで「仕事するなら四角く大きめの机で」という思いがふつふつと湧き上がり、また「ウッドショック」による木材の高騰、それに伴う将来的な家具の値上がりも後押ししました。 わたしにはベストなタイミングだったと思います。 「丸ちゃぶ台」が大好きなので今回のデスクをお願いするのもカグオカさん以外の選択肢はありませんでした。 ※すっかりいい色になったちゃぶ台(2016年製)はもちろん今も愛用しています。

③デスクのサイズと高さ
W1100mm D650mm H700mm(2022年7月完成)

★高さ
身長152cmのわたしに、この高さはぴったりでした。 たった1cmの差が意外とあなどれないのと、椅子の座面高との差尺が気になり思い切って実際にショップに足を運び、ご相談させていただいて本当に良かったです。 わたしと身長が同じくらいの(岡本)有里子さんのアドバイスも非常に説得力があり「有里子さんの太鼓判があるから大丈夫」と安心してオーダーさせてもらうことができました。

★天板の大きさ
規格よりも大きめにお願いしたので幅も奥行きも申し分なく、きれいな天板のはぎ合せを存分に堪能しています。 自宅で仕事をするときは多くの紙類を広げて電卓を使うため、このデスクは広々としていて使い勝手がとてもいいですし、作業効率が格段にアップしました。 改正電帳法・インボイス制度の施行で将来的には紙を使用する機会が大幅に減るかもしれないことや、わたし自身いつまで仕事を続けるかわからない、ということはありますが、それはそれとして、やはり自分にとっての過不足のないサイズ感です。

④デザイン
奇をてらわず悪目立ちせず年齢も性別も問わない、いいデザインだなあと、しみじみ思います。 天板のふち部分がアールになっていたり、テーパードの脚も角が面取りされており、かっちりしすぎない優しさを感じました。 確かに前からはもちろん、上からも横からも裏からも(整備士さんよろしく)下に潜り込んでも、どこから見てもきれいです。 壁にくっつけて使うため裏の表情と「KAGUOKA」さんの刻印が見えず残念なくらい。 ペグは、あると便利ですが、わたしはペグのないスッキリデザインが好きです。この辺は好みですね。

⑤デスクの重さ
移動する際は女性一人だとズリズリと床の上を少しずつずらしながら動かすのがやっとで、相当重いですが、デスクは他の家具類と違い、コード類やコンセントの関係で定位置がほぼ決まっていて動かすことがほとんどないので、あまり気になりません。 ※大人の女性一人が「持ち上げて動かす」ことは、このサイズだと難しいと思います。 ちょっと浮かせることも厳しいです。

⑥引出し
大きな引き出し一つが思いの外使いやすいですね。 そして、やや浅めの引き出しは中でものが迷子にならず、かえっていいです。手前のペントレイはよく使うペン2~3本と消しゴム、その下の仕切り部分には定規、広いところは使い終えたパソコン関連のものをしまっています。 引出しを開けないと見えないペントレイでさえも、きっちりつくられていて美しいですし、ペントレイにつけられた革ひもも可愛いです。

⑦デスクの材について
チェリー材がとにかく好きです。 手ざわりがすべすべで、ほんのりピンクがかった赤ちゃんの肌のような木肌が、数年後に重厚感を増し、品を纏って濃い赤茶に変化していくさまが楽しみです。 チェリー材はところどころ入る黒いスポットやスジのようなものを好まない人もいるかもしれません。 (※樹液のしみ出た跡と聞いた記憶がありますが間違いありませんか?) それはそれで欠点ではなく、その木が生きてきた証であり個性ととらえれば、よりいとおしくなります。 それと北米産のチェリーは(性質が似た国産の山桜と比べると)色味が華やかで、はじめは「洋」の印象が強く感じられますが年月が経つと濃い赤茶に変わり木目、黒いスポットやスジも遠目には目立たなくなるので意外に畳の部屋にも溶け込むような気がします。

⑧合わせる椅子について
一緒にお願いした宮崎椅子製作所さんの4110/UNI Senior(チェリー材/座面はL3ランクの革)ともよく合っていると思います。 しっとりした座面に、ほどよいクッションの感じ、背もたれがやさしく背中にフィットし、座っていて疲れません。 このチェアも脚を2cmカットしていただいたため床に自分の足がピタッとつくので自然な姿勢でいられます。デスクのすべすべと相まって本当に気持ちいい。

⑨搬入について
デスクは、きっちり梱包はされていたものの、荷姿は脚をばらせないそのままの形での搬入なので大丈夫かな?と少し不安になりましたが大丈夫でした。 マンションの2Fでスキップフロアになっており実質3Fの高さです。エントランスはなく階段は壁に挟まれた1.2mほどの幅で屈強そうな男性(笑)がウエイトリフティングのように頭上に持ち上げるようにして運んでくださいました。 さすがに手慣れたもので、何の問題もなく、梱包材のかけらひとつ残さず作業時間もものの数分で終了しました。

⑩デスクの価格について
ひと言で言うなら「このクオリティなのになんと良心的な価格だろう」です。 家具をいろいろ見ていると品質と価格が必ずしも合ってないと感じることがあります。 (某有名インテリアショップのテーブルがカグオカさんよりもラフな作りなのに値段は…なんてこともありました。) 家具に限らず、真面目で誠実なところほど買う側の「いくら出せるか」ということを踏まえて価格面で折り合いをつけてくださっているのではないでしょうか。 わたしはそういうものや、そういうものづくりをされている人が好きです。 カグオカさんの家具は岡本さんもお話されているように品質を考えれば決して高くありません。

⑪カグオカさんについて
ちゃぶ台のときも実感しましたが本当にカグオカさんにしてよかった!と思います。 カグオカさんが誕生するずっと前のバブル華やかなりし頃、雑誌に掲載されている無垢材の家具の価格に驚き自分には分不相応で、オーダー家具なんてとてもとても…と、ため息をついていました。 でも無垢材「風」の家具でお茶を濁しているうちに、やはり見掛け倒しや、まやかしのないほんものを!と望むようになり、お願いしてみたら案外ハードルが高くなかったことに気づきました。

オーダー家具は作る側の技量やセンスにゆだねることになるので、どういったものになるか細かいところは届くまでわかりません。 インターネットで見るとどれもよく見えるので、そのつもりで注文したら何か違う…ということもありえます。 その点でもカグオカさんなら思った通りというか、もう、お値段以上(ニ〇リさんのCMみたいですが)です! 実際にショップに伺ってみると、音楽がかかり、ほどよいリラックスと、ほどよい緊張感の中でカグオカさんの家具が生まれることがわかります。 そして、なぜか洗練されたお洒落さだけではない骨太な感じさえ伝わってくるのです。

少しでも興味をお持ちの方、カグオカさんの価値観や世界観?に共感される方がいらっしゃいましたらぜひ! むしろ「普通の人」にこそ使っていただきたいと、いちユーザーとして思います。 こんなご時世ですし、わたしが言うのも変ですが可能であればショップに足を運び、ワンちゃんと戯れつつ(笑)あれこれ相談されることをおすすめしたいです。

⑫わたしについて
建設関係の会社で事務(経理)をしています。 一人暮らし、年齢は岡本さんよりもちょっと上…です。 人の手でつくられた木の家具や雑貨が好きなだけで収入も生活レベルも、いたって普通だと自分では思っています。おまけに自分の好きなように壁や床をいじれない賃貸マンション、合板のフローリングの部屋です。 それでもカグオカさんのHPをすみずみまで拝見し、岡本さんのライフスタイルや家具に対する熱い思いに僭越ながら自分と通じるものがあるのではと勝手に感じました。

M・Tさん | 群馬県安中市
メープルデスク(スタンダードタイプ)
(長さ90cm×奥行60cm)


メープル学習机を購入してから、娘は自分の部屋がないので、2階の一角をスペースにして縄張りを作りました。 待ちに待った家具だったのに、好き勝手に(雑に)使用してるように見受けられますが、そこで宿題を今はしています。カグオカさんに作っていただいたチェストとともに花嫁道具になればいいと思っております。


K・Sさん | 神奈川県川崎市
メープルデスク(スタンダードタイプ)

はじめてメープルの家具を手にして大変嬉しく思っています。 我が家は新婚以来ずっとパインの家具で揃えていたのですが、カグオカのHPを見てメープルデスクに一目ぼれし注文させていただきました。 このデスクは立ち姿もメープルの木肌もとても素敵ですね。 私のPCデスクとして大事に使わせていただきます。

サイズについて
実はこの春、子どもの学習机をパイン材でオーダーで 作ったのですが男の子ということもあり高さを73センチにしました。 メープルデスクはその学習机の隣に並べて配置するため高さを73センチに揃えました。 私には少し高いかな?と思いましたが、問題なく使えています。 普段キーボードを引出にしまうと、モニター手前に十分に物書きできるスペースがあり、奥行き・幅ともちょうどよかったです。

デザインについて
収納を考えれば引出しを二つ付けることもできると思いますが、デザイン重視でこのデスクを選んで正解でした。 見ていて飽きませんし、楽しいです。

引出について
チェリーの取っ手がとても可愛いです♪
引出を開けた時の底板も無垢にしてよかったと思います。

お部屋の印象について
いまはマンションのリビングの続き間である和室(6畳)に置いています。 部屋が少し垢抜けたカンジになりました。 いずれ戸建に引っ越した際には、洋間に素敵に配置したいなあと夢見ております。

椅子は今、とりあえずパインのスツールを使っていますが、いずれメープルの椅子を購入したいと思います。

この度は、素敵に作ってくださりありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

デスクについてのすべてのレビューを読む

↑ページトップに戻る