クリちゃぶ台スタンダードタイプ

価格表はこちら。

クリのちゃぶ台、スタンダードタイプ。
直径90cm、高さ32cm。

すっきりとしていて機能性を感じる立ち姿。

コロッとしていてかわいらしくもあり、頼もしくもあり。

クリ。出来立ての経年前はけっこう明るく色合いは茶系でいわゆる黄土色、木目は波打っていて表情が強いのが特徴。全体としての印象をひとことで言えば「渋い」。しかもタンニン成分を多く含んでいるため、長年使っていると反応が進んで黒味、灰味を帯びてさらに渋さを増す。そんなクリの持ち味は郷愁をまとう家具であるちゃぶ台によく似合う。

枠板や幕板、ストッパーが幾重にも重なって見える。
奥行きを感じる重層的な見た目。

木と木の組み合わせで実現する折りたたみの仕組み。
古くから受け継がれた伝統の技。

脚を畳めばペタリと床に伏せることができる。

このまま大きな食膳、酒膳としても。

表が見えるように壁に立てかけて無垢のクリを堪能するも良し。

こんなにも薄いからベッド下など隙間が10cmもあれば差し込める。

では実演。




ご覧のとおり女性でも宙で引っくり返せるほど軽い。

気取らずくつろいで囲めるのが床座のいいところ。
ゴロンと寝ころべる気安さは椅子座にはない。

本来この大きさは1人ないし2人向けのサイズ。
食卓としてはもちろんパソコンや書き物などの仕事机、ソファテーブルとしても。

ところでちゃぶ台の高さには直径ごとに上限がある。
これは直径90cmの限度いっぱい32cm。

お茶や軽食なら4人でも大丈夫。ふだんは和室で使って大人数の来客の時はリビングに持ってくるという遊撃的な使い方はちゃぶ台の本領。

無垢の木肌の自然な表情が美しい。
食器との対比が鮮やか。

樹種を問わずどれも経年で味わいが増すものだけど、なかでもクリは渋味の方向に深まっていく点が他の木にはない魅力。

ちゃぶ台になる木はいろいろあれど、クリは玄人好みな選択肢。

家具にする木について詳しくはこちら。
このページで紹介したちゃぶ台の内容

タイプ:スタンダードタイプ
木の種類:クリ
サイズ:直径900mm 高さ320mm
仕様:脚の形は先細りの角脚(標準仕様)
仕上げ:オイルフィニッシュ
 
ちゃぶ台スタンダードタイプの木のバリエーション。
上段左からクリウォルナットナラ、クルミ、
下段左からチェリーチークメープル、タモ。
この他にブナも。


タイプのバリエーションはスタンダードタイプの他、
ハイブリッドタイプ
クラシックタイプ
角ちゃぶ
があります。

 
ちゃぶ台(スタンダードタイプ)
の価格表
材質
すべて無垢の木を使って製作しています。
天板と脚部との接合にネジを、折りたたみ脚の回転軸に金属棒を使用。
直径
スタンダードタイプの最大径は1100mmです。
これ以上のサイズは固定脚の丸ローテーブルをお選びください。
高さ
10mm刻みでご希望どおりにお作りします。
ただし直径ごとに上限があります。
直径高さの上限
800mm290mm
900mm320mm
1000mm340mm
1100mm360mm
 
脚の形
先細りの角脚(標準仕様)、まっすぐ角脚、猫脚から選択。
猫脚の場合、天板の縁の曲線は下すぼまりになります。

左から先細りの角脚、まっすぐ角脚、猫脚

猫脚と下すぼまりの天板の縁
 
仕上げ
オイルフィニッシュのみ、ウレタン塗装不可。
重さ(参考)
直径900mm1000mm1100mm
クルミ12-14kg13-16kg15-17kg
タモ13-15kg14-17kg16-18kg
ブナ14-16kg15-18kg17-20kg
チェリー14-16kg15-18kg17-20kg
メープル14-17kg15-19kg18-21kg
クリ12-14kg13-16kg15-17kg
ナラ14-16kg15-18kg17-20kg
ウォルナット14-16kg15-18kg17-20kg
チーク14-16kg15-18kg17-20kg
※個体差があります。



タモ、ブナ
直径800mm直径900mm直径1000mm直径1100mm
176,000円187,000円198,000円209,000円



チェリー、メープル、クリ
直径800mm直径900mm直径1000mm直径1100mm
187,000円198,000円209,000円220,000円



ナラ、ウォルナット
直径800mm直径900mm直径1000mm直径1100mm
198,000円209,000円220,000円231,000円



チーク
直径800mm直径900mm直径1000mm直径1100mm
286,000円308,000円319,000円352,000円


サイズ変更
上表にない直径も50mm刻みでお作りできます。
例えば直径1050mmは直径1000mmと直径1100mmの真ん中の金額です。



オプション
まっすぐ角脚+0円
猫脚+5,000円


消費税・送料別の金額です。(2021.9.1改定済)













SSL




ユーザーレビュー
ちゃぶ台(抜粋)

K・Nさん | 東京都江戸川区
チェリーちゃぶ台ハイブリッドタイプ
(直径90cm×高さ32cm)


無事にチェリーちゃぶ台ハイブリッドタイプを届けていただきました。 ていねいな説明書とメンテナンスオイル、手書きのお手紙もありがとうございます。

さて、届いたちゃぶ台、
期待通りの素晴らしいつくりに「やはりカグオカさんにして良かった」としみじみ思いました。 もの作りを生業としている方からすれば納期がずれてお客さんを待たせることは本意ではなかったかもしれません。 でも待つ時間も楽しかったですよ。 むしろ決して妥協を許さず納得いくものを作り届けるという姿勢にすがすがしささえ感じました。

本当に、このちゃぶ台はおっしゃる通り、たたずまいが美しく軽快でスタイリッシュ。 天板もつぎ目のところがすごく自然で色みに違和感が全くないのですね。 これだけの材を揃えて木目をぴったり合わせて接ぐことが、まず相当大変なのではないでしょうか。 (素人が生意気にすみません。) しばらく見とれていたら「あ、お馬さんならサラブレッド(しかも、とびきりの。)と思ってしまいました。 細い脚に美しい毛並み(木の肌)。 繊細そうに見えて凛としている。

今回、ちゃぶ台を買うにあたり他の家具屋さんのHPもたくさん参考にさせてもらいつつ何度も何度も悩みました。 金額だけで言うならもう少し買いやすいお値段のところはいくらでも見つかります。

それでもどうしてもカグオカさんが良かった。
というよりは「カグオカさんじゃなきゃイヤだった」のです(笑)。 それだけに、とてもとても嬉しかったです。 本当はショップに足を運べればもっと良かったのでしょうがHPからも熱い思いが伝わってきて、そういう意味での不安はいっさいありませんでした。
このご縁を大切に、永く大事に使おうと思います。このたびはありがとうございました。 また何かありましたらどうぞよろしくお願い致します。

末筆ながらみなさまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

M・Nさん | 東京都江東区
チェリー角ちゃぶ
(長さ90cm×奥行56cm×高さ33cm)


部屋の空間としては六畳程の広さ。 基本一人用で考えておりましたので最初は一番小さなサイズでオーダーしようと思っていましたが岡本さんと相談の上、一回り大きい幅90cm×奥行き56cm×高さ33cmのちゃぶ台に決めました。

まず部屋に運ばれて来た時の印象。 他の家具と喧嘩しません。 シンプルなデザインの中に品の良さありHPから何度も写真を拝見しておりましたが実物はもっと素敵なお品物に仕上がっておりました。 まっすぐな直線と扱いやすいようにと円く角を取った部分、どこを触っても鋭利な部分はありません。 なでていて気持ち良いです。 表からみた美しさはもちろん、ちゃぶ台をひっくり返し脚をたたむ部分・ストッパー部分、何処を見ても美しい手仕事に感動の連続でした。

用途は日々の食事、ときどき手芸(編み物やミシン)。 こちらは2,3人自宅に招いてご馳走を並べてもいい具合にお皿が乗せられるサイズ。 大きすぎず小さすぎず、使い勝手の良いサイズですね。高さも33cm、お皿を並べた時にも圧迫感ありません。 チェリーというオレンジがかった木材、和食器も洋食器もすんなり受け入れてくれるので万能ちゃぶ台としてこれから大活躍です♪

決してお安い家具ではありませんがこれは一生モノですね。 カグオカさんの手によって生まれたこのちゃぶ台をこれからは我が家で大事に育てていきます♪ 扱っていく上でまた相談などさせていただくかと思いますがこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

T・Kさん | 熊本県
チェリーちゃぶ台

チェリーちゃぶ台が届き1ヶ月たちました。まずはるばる熊本の地まで届けていただき感謝いたします。 そして期待以上の素敵な出来映えに感激しています。

今回お願いしたサイズは径90センチ、高さは30センチ。 小ぶりとかなとも思いますが、メインの食卓としてではなく、主に和室で応接やちょっとした手仕事などに使っています。 小さな子供の遊び場にも、酒卓にもなり気軽にとり回せることで用途の幅が広がる大きさだと思います。 そして素朴ながら凛とした佇まい、大好きなチェリーの風合い、面がとれて肌触りがますます良く、柔らかく優しい雰囲気です。



我が家の新築に合わせての購入でしたが、建築家の方に相談しちゃぶ台収納庫を造作してもらいました。 折りたたみできるのがちゃぶ台の特徴でもあるので、うまく納まるスペースを準備してあげようと企んだわけです。 和室の床の一角のシンプルな箱形の収納庫は、大工さんと建具屋さんの合作です。 いざ、ちゃぶ台をコロコロと中へ入れて扉をパタンとしめるとピッタリ納まりました。 そこで思った事は…、見えなくなるとちょっと寂しいような微妙な感じでした。 美しい天板を見せる形で壁に固定することなども検討したのですが、安定性や現実的な選択として箱形に落ち着きました。 でも出し入れするのも楽しい瞬間となっています。 カグオカさん、素敵なちゃぶ台ありがとうございました。

ちゃぶ台についてすべてのレビューを読む