間隔不均等本棚

ユーザーレビュー

こんな棚も作ってます。上下左右の間隔が不均等。
まずはメープル・バージョン。

サイズは幅が100cm、高さが110cm、奥行きが30cm。

メープル。家具にする木の中ではいちばん白い。 真っ白ではなく淡いクリーム色。 日が差すとシルクのような光沢を放ちます。 部屋の雰囲気を明るくしてくれる木です。

こちらはウォルナット。 濃いから輪郭が際立つ。

サイズは幅が130cm、高さ140cm、奥行き30cm。 上のメープルよりふたまわり大きい。

表も裏もなくどちら側もきれいに仕上げているから、例えばリビングとダイニングの間仕切りにしてもいい。 奥行きがあるし、無垢の木の棚で十分な重みがあるから安定してる。 オープンな棚だから光が通って暗くならない。

ここに正方形。もう1箇所あります。
さてどこでしょう。つぎの画像で探してね。

右上にもう1つ。隣りのメープルは左上と右下に。
裏向きにすれば揃います。対角の位置に2つの正方形。
横へいくほど、下へいくほどマスが大きくなります。
不規則なようで一定のリズムがあるから気持ちいい。

L型に置いてみた。
インパクトがあって個性的なコーナーになりそうです。実例はのちほど。

片やメープルはまっさらなキャンバスに絵の具をのせるように、片やウォルナットは暗闇にスポットライトで浮かび上がるように、それぞれ鮮やかなコントラストが付く。

マスの高さは上から順に20cm、31cm、35cm、40cm。 いろんなサイズの本やファイルがしまえます。

最上段。手を伸ばしやすいところに文庫本。
全巻読みました。小説っていうよりドキュメンタリー。

キャプテンとグラブ。
本棚を見るとその人がわかるなあ、まったく。

わたしはソフトボール少女。

「またマンガ読んでるの?」
「しゅん…」、の図。
 

さて納品。本棚というより飾り棚。
いくつも見えるフォトフレームが外国風。

片っぱしから埋めるんじゃなくて市松模様に配置するのも面白いアイディア。 最下段には大判の画集が入ってます。

英語教師という仕事柄、ペーパーバックやハードカバーの洋書をたくさんお持ちのお客様で、その他に文庫本、もっとも大きなもので28cm×38cm、写真立てや小さな人形や観葉植物も飾りたいといった情報をいただいてそれらがぴったり納まってなおかつ見た目にも美しいようにサイズを決めました。 (撮影に伺ったのが納品から間がなくて、まだ並んでなかったけど)


開放的な棚は収納するモノの色や形、それらをどう配置するかといったセンスの見せどころ、一方で全部見えちゃうのがシビア。 使い手の意気込み次第で絵的にも乱雑にもなる。心して。
このページで紹介したシェルフ(棚)の内容その1

タイプ:間隔不均等
木の種類:メープル
サイズ:幅1000mm 奥行300mm 高さ1100mm
仕上げ:オイルフィニッシュ
このページで紹介したシェルフ(棚)の内容その2

タイプ:間隔不均等
木の種類:ウォルナット
サイズ:幅1300mm 奥行300mm 高さ1400mm
仕上げ:オイルフィニッシュ
このアイテムは多忙につき受注停止中です。
カグオカから届くメルマガのご案内

ユーザーレビュー
チェスト、シェルフ、ラック(抜粋)

N・Tさん | 広島県広島市
ナラマガジンディスプレイラック

サイズについて
メープルマガジンディスプレイ(W100cm×D20cm×H130cm)が出た当初から、気になっておりいつか購入したいと考えていました。 しかし、購入する決断がつかないうちに今度はチェリーマガジンディスプレイ(W120cm×D29cm×H150cm)の登場! 子供たちにはこのサイズではまだ大きいかと思いましたが、背の高い図鑑を収納しできるこのサイズに決めました。

ディスプレイ部分の出来るだけ下の段に子供用の本を置くように工夫はしていますが、6歳の子(115cm)なら3段目までなんとか届き、2歳の子(80cm)では1段目にようやく手が届くぐらいで本はなかなか取れません。 でも、すぐ大きくなるので問題なし!

置き場所
置き場所はリビングに入ってすぐ右に配置しています。 とにかく一番長くみんなが過ごすリビングの中に置き、本をディスプレイする事で家族みんなが本を読む機会が増えればと思っています。 それぞれの好きな本をディスプレイし、読みたいときにすぐ手に取れる、そんな環境づくりに貢献してくれるディスプレイラックだと思います。



デザイン、使い勝手について
家具自体に派手さはありませんが、シンプルがゆえに本や小物を収納した時に収納したものが際立つ気がします。 欲を言うならディスプレイ部に少し傾斜が付いていれば本の納まりがもっと良いと思います。 今のままでも、気をつけて収納すれば本が前のめりになることはないので十分なんですけどね!

ナラについて
今回ナラを選んだ理由は、ダイニングテーブルとダイニングチェアがナラ材を使用したものであり色合いの統一を図りたかった事が一番の理由ですが…。 元々ナラ材家具の購入を決めたのは頑丈さ、落ち着いた色合い、木目の穏やかさです。 ブラックウォールナットとでかなり悩みましたが、最終的に明るい色を選択しました。

部屋に置いた印象等
マンション暮らしのためリビングはあまり広く、大きさに多少の不安はありました。 しかし、マガジンディスプレイラックの奥行きが想像していた程には深くはなかったため、収納力はありますが、圧迫感はなく本当に大満足です。

M・Tさん | 東京都府中市
メープルチェスト

永く大切に使える家具を購入したい!
そういう思いから情報を集めはじめ、カグオカさんのサイトに辿り着きました。
数あるショップの中から、カグオカさんに決めたのはサイトに掲載されていたチェストのデザイン性と”裏から見てもキレイ”がポリシーとして、背板にもムクを使用する姿勢に共感したことが大きかったと思います。
今回、お願いしたのは8畳のベッドルームに置くチェスト。既にある家具との調和を考えて木目が出過ぎず、ライトなカラーのメープル材を選びました。

届いたときの印象は、”丁寧に作られている”ということ、優しい印象のたたずまいと反し、しっかりとした重さ、手ざわり感があります。 部屋に置いたときに圧迫感が出ないように少し小ぶりなサイズでお願いしましたが、収納力はしっかりあり、季節ごとのトップス、ボトムスがキレイに納まりました(引出しの高さはあらかじめ入れるものを想定し、お伝えして決めると更に良いかと思います)。 家具の色がだんだん味を増していくのも楽しみです。

価格的には大量生産の既製品と比べると背伸びをするところもあるかもしれませんが、結果的に愛着をもって永く使えるものがある喜びは価値が大きいと思っています。
カグオカさん、ありがとうございました。

チェスト、シェルフ、ラックについてのすべてのレビューを読む

↑ページトップに戻る