甘栗染めロースツール

ポテッとしたロースツールです。

クリの持つアクの成分に反応させて染めたのですが、
呼び名には少し頭を使いました。

ただ焦げ茶と言っては伝わらない味わいがある、
「味…、クリ…、甘栗の色だこれは!」(ほんとに頭使っとるのか?)
アンティーク仕上げのようにも見えますね。

このページで紹介したスツールの内容

タイプ:ロースツール
木の種類:クリ
サイズ:座面径220mm、高さ430mm
仕上げ:オリジナル甘栗染め + オイルフィニッシュ

ユーザーレビュー
ミルキングスツール(抜粋)

C・Iさん | 東京都日野市
ミルキングスツール
(座面径25cm×高さ40cm)


わたし、整体の仕事をしています。
イスに座って施術することが多いのです。 今まで使っていたイスは、高さが33センチ。 腰掛けると、お尻よりもヒザの位置のほうが高くなります。 この状態で長時間座っていると、内臓が圧迫されて疲れ易いのです。 座面高40センチなら、足や腰への負担も楽です。


良い施術をするために、ちゃんとサポートしてくれる良いイスが欲しい。
仕事の土台にふさわしいイスが!

あちこち探し回ってやっと出会えたのが、このミルキング・スツールでした。
シンプルでいて、でも何とも言えない柔らかく優しい雰囲気の姿かたち。
ほぼ一目ぼれ。



主張しすぎず、どこにでも馴染む。 ナラ材の落ち着いた色調が床のコルクと思いがけず合いました。 ずっと前からここにいましたもん、って表情をしていませんか?^^ イスのサイズは、かなり迷いました。

座面径が25センチで、わたしのお尻(通常ならLサイズ…)に合うだろうか…と。 実際に手元に届いたスツールは、非常に軽くて、でも意外なことに、思ったよりも小さい印象はありません。 カグオカさんが下さったお手紙の中にあったように、「ピノキオをつくったゼペットじいさんの気持ち」のせいでしょうか^^ サイズ以上に、大きな存在感があるんです。 生きている木の作品、だなと。



脚が裾広がりなためか、据わりが実に安定しています。 立つときに自分の足で押してしまっても、簡単には倒れません。 座面の真ん中が微妙に高くなっているので、立ったり座ったりが楽に感じます。 またこの座面の形はお尻と触れる面積が広いので、てのひらと比べてもコンパクトな座面径25センチでも、小ささを感じません。

うちのピノキオくん、良い仕事をしてくれています^^

この他のレビューを読む