織部洗面台

織部焼きのボウルを使った洗面台。

この緑がかなり渋い。
焼板をめぐらせた腰壁とあわせ、和の空間に。

幅75cm、奥行き60cmの天板に直径38cmのボウル、
周辺スペースはさほど広くはないけど、手を洗うだけだから十分。

細身な脚がはかなげで、雰囲気にぴったり。

このページで紹介した洗面台の内容

タイプ:織部ボウル
木の種類:米杉
サイズ:幅750mm 奥行600mm 高さ845mm 織部直径375mm
仕上げ:ウレタン塗装(クリア、ツヤ消し)

このアイテムは多忙につき受注停止中です。

カグオカから届くメルマガのご案内