宮崎椅子製作所で選べる座面の種類は65種類。
この座面を選ぶとどんな感じになるのか?
多すぎて決められないという声をよくお聞きします。

このページでは座面の拡大画像とチェアにした様子をご紹介。
画像は順次追加、チェアの種類が違っても参考になるはずです。

※座面は一定ロットで仕入れ、使い切ると廃番となります。
在庫限りとなっているものをご購入希望の場合はお急ぎください。


座面選択によるご注文はこちら。

Aランク(11種)

ホルムブラウン ホルムグリーン TULIA-FJ10
在庫限り
TULIA-AJ11
在庫限り
TORI-AJ5
在庫限り
TORI-C28
在庫限り
TWEED red TWEED navy
 
TWEED green TWEED gray TWEED black  
Bランク(2種)

UP8364
在庫限り
UP8361
在庫限り
Cランク(29種)

カレイド2490 カレイド2884 カレイド1404 ATALANTE100-2
在庫限り
ATALANTE100-15
在庫限り
art.8104-67
在庫限り
art.8104-254
在庫限り
art.8104-336
art.8104-356
在庫限り
art.8104-438 art.8104-642 art.8104-948
art.9445-15 art.9445-81
在庫限り
art.10000-16
在庫限り
art.10000-19
在庫限り
HOLLY1PLAIN02 HOLLY1PLAIN04 HOLLY1PLAIN05 HOLLY1PLAIN06
トラス20 トラス45 トラス60 トラス95
LAUREL-8 LAUREL-15 LAUREL-19 LAUREL-23
     
LAUREL-29      
Dランク(5種)

art.8105-13 art.8105-72 art.8105-83 art.8105-93
在庫限り
     
T7698-3
在庫限り
     
Fランク(2種)

ウッドノート白
在庫限り
ウッドノート黒
在庫限り
Hallingdal65(8種)new!

hallingdal65-220 hallingdal65-270 hallingdal65-379 hallingdal65-457
hallingdal65-960 hallingdal65-764 hallingdal65-130 hallingdal65-180
L1ランク(2種)

RIO-0015 RIO-1015
L2ランク(2種)

YA-COG YA-BLK
L3ランク(8種)

MI-KW25 MI-KW36 YA-NL3510
(COG)
SO-DU21000
(COG)
SO-DU21001
(DBR)
SO-DU21003
(ANT)
SO-DU21004
(CAM)
SO-DU21005
(GRN)
L4ランク(2種)

YA-ACQ
(WH)
SO-SH20293
(EBN)
L5ランク(1種)

SO-PU20836
(BLK)

Aランク ホルムブラウン

アクリル42% ポリエステル39% 綿19%
灰色を帯びた茶色。画像は実物より明るく映っていますが、手元で見た感じをわかりやすく言えばココア色。

Aランク ホルムグリーン

アクリル42% ポリエステル39% 綿19%

チェアはpepeアーム、木はチェリー。

チェリーとモスグリーンは好相性。

薄手のカーディガンのようなやわらかな手触り。

落ち着きも感じさせる色づかい。

こんどは木は同じチェリーでpepeソファ(2P)。

蛍光的あるいはポップなミドリではなく、

渋味があって落ち着きのあるミドリ。

和色名で言えば草色(くさいろ)、自然な色あい。
同じAランクのTORI−C28より明るい。

やさしい感じ。

チェリーとの組み合わせはパステル的なやわらかさもあり、品の良さも感じます。

続いてはR+Rカウンターチェア、木はアッシュ(タモ)。

チェアの木が変わると同じ座面でもイメージがガラッと変わります。

和を感じさせる組み合わせ。

ダイニングの隣りが和室、なんて間取りにいいんじゃないでしょうか。

Aランク TULIA-FJ10 在庫限り

アクリル40% ポリエステル39% 綿13% レーヨン8%
画像では輝いている?ように見えるけど、実際は焦げ茶ベースに明るい茶色や黄色、わずかに緑も混ざった織りで落ち着きがあり、こんな感じのブレザーがあったら渋くておしゃれだなあという印象。

Aランク TULIA-AJ11 在庫限り

アクリル40% ポリエステル39% 綿13% レーヨン8%

Aランク TORI-AJ5 在庫限り

アクリル49% ポリエステル42% レーヨン9%

Aランク TORI-C28 在庫限り

アクリル49% ポリエステル42% レーヨン9%

pepeソファ(1P)、木はウォルナット。

横顔も渋い。

1人でゆったり座れるというのも捨てがたい。

深緑と薄緑と水色が混ざり合ってこんな色に。
単色ではなくて柄地ということになります。

後ろ姿もpepeソファ共通の美しさ。

穏やかな落ち着きを感じます。

1Pの2つ並び。

その2P(2人掛け)バージョン。

つながっているから近づける。

並んで映画を観るとかね。

このカラーリングならではの空気感。

うぐいす色、青丹(あおに)色といったところ。
ホルムグリーンよりも深い。

これもまたよし。

Aランク TWEED red

アクリル40% ポリエステル25% 綿35%

UNI Senior(4110)、木はチェリー。

見た目どおりの優しい座り心地です。

かわいらしく女性的、オレンジとピンクの組み合わせ。

単調ではなく、濃いピンクに薄いピンク、白に近いピンクが混ざってます。

チェリーは経年でレッドブラウンに。

Aランク TWEED navy

アクリル40% ポリエステル25% 綿35%

Aランク TWEED green

アクリル40% ポリエステル25% 綿35%
同じAランクのホルムグリーンと同じ草色(くさいろ)ですが、この布地の織りは緑ベースに白糸が散在している分だけ薄い感じ。

Aランク TWEED gray

アクリル40% ポリエステル25% 綿35%

Aランク TWEED black

アクリル40% ポリエステル25% 綿35%

 

Bランク UP8364 在庫限り

アクリル37% ポリエステル63%

hataチェア、木はブナ。

ブナの色と座面の焦げ茶がよく合ってます。

座面が落ち着きを、木のフレームが明るさを感じさせて全体としてまとまりがあります。

近くで見るとこんなふう。一様ではなくて、点描のような細かな表情があるのが素敵。一様な焦げ茶の座面ならCランクのカレイド2884。

ブナの木肌の滑らかな表情がこの座面とマッチしているのが大きい。

Bランク UP8361 在庫限り

アクリル37% ポリエステル63%

pepeサイド、木はブナ。

近づけばベージュ地にわずかな黒が混ざっているのだけど、遠目からは淡いベージュ。

やさしげでナチュラルな見た目。

ほんわかとしたイメージです。
 

Cランク カレイド2490

綿63% 麻37%

UNI Senior(4110)、木はウォルナット。

力強くて情熱的。

カレイドシリーズはキメが細かくしっとりとした手触りが共通しています。

怪しくもアダルトな雰囲気です。

これはhataチェア、木はブナ。

ブナはほんのりとピンクがかったやさしげな雰囲気。手触りはスベスベの木です。

派手すぎない落ち着いた赤、ちょっと朱色が入っているかな、合わせる木によって印象が変わるのがわかるかと思います。

華やかさの中に、

静かな情熱を秘めていると感じます。

Cランク カレイド2884

綿63% 麻37%

ぐっとシックな印象です。hataチェア、木はナラ。

あたたかでどっしりとした落ち着きがある。

濃い目の焦げ茶と

マイルドブラウンのナラのフレームが溶け合うような組み合わせ。

数あるhataチェアの中でも魅力ある色味と思います。
現物は写真以上!

pepeアーム、木は明るく親しみやすいアッシュです。

落ち着いた焦げ茶の座面。

キメの細かさ、手触りの滑らかさが伝わるかと思います。
Bランクの点描のようなUP8364と違ってこちらは一様な焦げ茶色。

広々とした座面とゆったりと大きな背もたれに肘掛けのおかげで得られるくつろぎ度がpepeアームの最大の魅力。

Cランク カレイド1404

綿63% 麻37%

UNI Senior(4110)、木はチェリー。

チェリーのオレンジと黄色い座面の組み合わせ。

織りが細かく密なので手触りはしっとり滑らか。

快晴を思わせる明るい印象のダイニングチェアです。

こちらはhataチェア、木はブナ。

単なる黄色ではないカラシ色。渋みと奥行きを感じます。

ブナもキメが細かで手触りが滑らかな木、持ち味は座面と同じです。

pepeアーム、木はまたもブナ。

ブナの滑らかな手触りがわかるような1枚。

明るい部屋にしたいという方がこの座面をお選びになります。

これは同じpepeでもpepeサイド、木はナラ。

木がナラなぶん、全体として落ち着き度が増します。

どんな座り心地か座ってみたくなるでしょう?

自分の居場所にしたい魅力があります。

Cランク ATALANTE100-2 在庫限り

綿74% レーヨン20% 麻6%

Cランク ATALANTE100-15 在庫限り

綿74% レーヨン20% 麻6%
画像ではともすれば派手な山吹色に見えるけど、実際はおとなしい。淡黄色。Cランクのカレイド1404とよく似ています。違いはこのATALANTEのほうが若干織りが大きいこと、そして色がわずかに明るいこと。

Cランク art.8104-67 在庫限り

綿73% レーヨン22% 麻5%

Cランク art.8104-254 在庫限り

綿73% レーヨン22% 麻5%

UNI Senior(4110)、木はナラ。

赤だけどカレイドの赤とは違う。
こちらは華やかな中にシックな印象が感じられます。

ナラの色あいともよく似合います。

pepeアーム、木はメープル。
※メープルはラインナップからなくなりました。

肘掛けがあるとやっぱりくつろぎ度が違います。

赤とオレンジの間の赤寄りで少し黒味が入ってる。あかね色、紅えび色といったところでしょうか。華やか過ぎず黒過ぎず。
 

Cランク art.8104-336

綿73% レーヨン22% 麻5%

pepeアーム、木はブナ。

遠目で見ると少し暗い白です。

麻が織り込まれているのでサラサラとしてさっぱりとした手触り。

まばゆいような白ではないので雰囲気が落ち着いています。

ブナの柔らかな印象の木肌との組み合わせがきれい。

近づけば砂色(すないろ)といいますか、渋みのある色あいです。

真っ白ではないので汚れが目立たないのもポイントでしょう。

Cランク art.8104-356 在庫限り

綿73% レーヨン22% 麻5%
人参の色かな、味わいのあるオレンジ色。一面のオレンジではなくて、薄い黄色が細かく入っています。手触りは厚手の日本手ぬぐいといった感じ。

Cランク art.8104-438

綿73% レーヨン22% 麻5%

pepeサイド、木はブナ。

ブナのピンクの木肌とあいまって明るく若々しいイメージです。

絣(かすり)のような手触りなのは素材に麻が含まれているからでしょう。

抹茶色。浮ついていない渋めの黄緑。

肌にまとわりつかず、さっぱりとした座り心地です。

Cランク art.8104-642

綿73% レーヨン22% 麻5%

pepeアーム、木はブナ。

淡い渋めの水色。和名で言えばあさぎいろ。

控え目で上品な印象です。

art.8104シリーズに共通で麻が入っているので手触りはサラサラとしてさっぱり。

湖畔で見上げる爽やかな空を連想させるような青です。

Cランク art.8104-948

綿73% レーヨン22% 麻5%

Cランク art.9445-15

綿28% ポリエステル22% レーヨン20% ウール17% ナイロン10% 麻3%

Cランク art.9445-81 在庫限り

綿28% ポリエステル22% レーヨン20% ウール17% ナイロン10% 麻3%

pepeアーム、木はブナ。

ホルムグリーンよりは淡く渋い緑。

ウグイス色というのでしょうか、枯れた味わいがあります。

Cランク art.10000-16 在庫限り

綿53 アクリル28% ポリエステル14% ウール5%

Cランク art.10000-19 在庫限り

綿53 アクリル28% ポリエステル14% ウール5%

Cランク HOLLY1PLAIN02(ゴマ塩のグレー)



pepeサイド、木はチェリー。

見てわかるようにグレーと言ってもほんのり青みを帯びた灰色。

織りが大き目だけど糸が柔らかいから手触りはあたたかみを感じます。それはゴマ塩シリーズに共通しています。

Cランク HOLLY1PLAIN04(ゴマ塩の茶)



UNI Junior、木はチェリー。

丸いテーブルや正方形のテーブルとセットするときに最大の効果を発揮します。
部屋を広く使いたい方の強い味方となってくれるダイニングチェアです。

カグオカではゴマ塩の茶と呼ぶ座面。

赤茶色のチェリーとよく馴染んでいます。

この茶のほかにグレーとあるゴマ塩シリーズは選ばれる方の多い人気の座面です。

pepeサイド、木はチェリー。

あたたかな座り心地です。

白が混ざった茶というのがおしゃれだと思います。

Cランク HOLLY1PLAIN05(ゴマ塩の青)



pepeサイド、木はチェリー。

チェリーのオレンジと座面との対比で輪郭がシャープに感じます。

青と白だからこその爽やかさ。
カグオカではゴマ塩の青と呼んでいます。

清々しさも感じる座面です。

同じくpepeサイドのゴマ塩の青に、こんどの木はナラ。

同じ座面でも木が違うと印象も変わります。

チェリーと比べナラは落ち着きを感じます。

ではブナになるとどうか。
同じpepeサイドのゴマ塩の青、木がブナです。

木と座面とのコントラストが変わることによる印象の違いを感じます。

チェリーの華やかさ、ナラの落ち着きはないけど一番ナチュラルさを感じます。

hataチェア、木はナラ。

ナラと組み合わせると落ち着きが出ます。

左がゴマ塩の青で、右がゴマ塩の黒。

やっぱり青のほうが爽やか。

浅黒い肌をした人がストライプのジーンズを履いているイメージでしょうか。

Cランク HOLLY1PLAIN06(ゴマ塩の黒)



UNI Senior(4110)、木はチェリー。

品があっておしゃれ。

ゴマ塩の黒とチェリーのオレンジとの組み合わせがとてもいい。

紳士という感じ。

hataチェア、木はナラ。

チェリーの華やかさとは違う、ナラの落ち着き。

白と黒で編みこまれたゴマ塩の黒。

品のいい大人のたたずまいです。

hataチェア、木はアッシュ。

カジュアルな明るさというか、ナラよりは一段薄く、メープルよりは一段濃い。

ゴマ塩の黒が無垢の木肌としっくり馴染みます。

宮崎椅子製作所のすべての椅子が一堂に並ぶ展示会が都内であって、さまざまなタイプの椅子、そしてそれぞれに色々な座面が張られていて、その中で「これいい感じだねえ」と同行のスタッフと声を揃えたのがこの座面。

日差しの中で木肌輝く。
すごくすっきりした印象です。

pepeアーム、木はチェリー。

このチェリーはすでに色濃く(経年で色変化の著しい木)、華やかというよりは凄みすら感じる迫力。

引き締まった印象です。

ゴマ塩の黒。

落ち着きを感じます。

同じ木、同じ座面でpepeサイド。

肘掛けが斜めなぶんだけ座面がよく見えます。

続いてはpepeサイド、木はナラ。

ナラのマイルドな木肌とよく映えています。

まさにゴマ塩!

木とファブリックとのメリハリがほどよく効いている。

テーブルに合わせやすい色使いです。

Cランク トラス20

ポリエステル100%

Cランク トラス45

ポリエステル100%

濃紺がピンクの木肌に映えます。

ただの紺ではない。

トラス(三角形)の模様が表情を加えています。

はっきりとした紺色が気持ちいい。

Cランク トラス60

ポリエステル100%

hataチェア、木はナラ。

輝くようなのは座面の織りも関係しています。

大きな三角形(トラス)をなしている糸の盛り上がった部分が光を反射するのです。

華やいだ表情だけど決して派手ではない。
座り心地も滑らか。

白系の座面としておすすめの1つです。

R+Rカウンターチェア、木はウォルナット。

違う木だと同じファブリックでも印象が変わります。

ウォルナットの濃さが際立つ。

はっきりとした対比が気持ちのいい組み合わせです。

Cランク トラス95

ポリエステル100%

pepeアーム、木はメープル。
※メープルは取り扱い中止。

渋いダークグレー。

トラス模様がさりげない装飾となっています。主張が強過ぎないところがいい。

気品を感じます。

渋かっこよくておしゃれです。

Cランク LAUREL-8

レーヨン42% 綿24% ポリエステル22% アクリル9%

Cランク LAUREL-15

レーヨン42% 綿24% ポリエステル22% アクリル9%

Cランク LAUREL-19

レーヨン42% 綿24% ポリエステル22% アクリル9%

Cランク LAUREL-23

レーヨン42% 綿24% ポリエステル22% アクリル9%

Cランク LAUREL-29

レーヨン42% 綿24% ポリエステル22% アクリル9%

 

Dランク art.8105-13

レーヨン60% ポリエステル21% 綿10% 麻9%

Dランク art.8105-72

レーヨン60% ポリエステル21% 綿10% 麻9%

Dランク art.8105-83

レーヨン60% ポリエステル21% 綿10% 麻9%

Dランク art.8105-93 在庫限り

レーヨン60% ポリエステル21% 綿10% 麻9%

pepeサイド、木はブナ。

ほのかなピンク色の木肌のブナと同じ赤系統なのでしっくり馴染みます。

黄色がかった赤、そして濃淡の赤糸が不均等な幅に、そして撫でると多少凹凸を感じる織りが表情を作っています。

赤い座面としてはこの他にCランクのカレイド2490、同じくCランクのart.8104-356があります。

Dランク T7698-3 在庫限り

ポリエステル25% レーヨン24% 綿23% ウール14% ナイロン8% 麻6%

 

Fランク ウッドノート白 在庫限り

ペーパーコード70% 綿30%

pepeサイド、木はウォルナット。

白と黒のコントラストが鮮やか。

ペーパーコードを織り込んでいるので手触りがさっぱりしていて気持ちいい。

しかし決して目は粗くなく、むしろ繊細な印象です。

同じpepeサイドで木をチェリーにするとこう。

白とオレンジのコントラスト。

汚れが目立つのが心配ですが、コーティングしたペーパーコードなのでサッと水拭き可能。その点普通の布地より安心。

hataチェア、木はチェリー。

肘掛けから背もたれまでつながって描く曲線が美しい。

白い座面がチェリーのオレンジを引き立てます。

清潔感を感じる組み合わせです。

Fランク ウッドノート黒 在庫限り

ペーパーコード70% 綿30%

pepeサイド、木はアッシュ。

カーキ色のダイニングチェア、とてもきれいです。

座面の名称としてはウッドノートの「黒」となっています。表面の糸の後ろ地に黒があることで色に深みが出ます。

数ある中でも特徴的で魅力的な座面です。
 

Hallingdal 65-220

ウール70% レーヨン30%
Hallingdalはヨーロッパを代表するテキスタイル会社、Kvadrat社のファブリックです。品質に定評がありウェグナーのCH20の座面としても採用されています。


この65-220は近くで見ると淡い茶色ですが座面にして離れて見るとほぼ白です。

Hallingdal 65-270

ウール70% レーヨン30%
こんなに濃く見えますが座面にしてみると…

UNI Senior(旧称4110)、木はチェリー。

霜降りといいますか茶ベースに白が混ざった薄い茶。

近くで見るとそれなりに濃い。

しかし離れるとそれほどでもない。

穏やかな茶をお望みの場合に選ぶといい座面だと思います。

奥がHallingdal65-270、手前のHallingdal65-220も近くで見ると茶系なのだけど離れるとほとんど白であることがわかります。

Hallingdal 65-376

ウール70% レーヨン30%

Hallingdal 65-457

ウール70% レーヨン30%

Hallingdal 65-960

ウール70% レーヨン30%

Hallingdal 65-764

ウール70% レーヨン30%

hataチェア、木はナラ。

ザ・濃紺、という感じ。

潔い、すっきりとした紺。

ウール70%、レーヨン30%の柔らかな手触りです。
ナラの木肌とのコントラストが鮮やか。

まざりけのない紺です。

Hallingdal 65-130

ウール70% レーヨン30%

Hallingdal 65-180

ウール70% レーヨン30%

 

L1ランク RIO-0015(ゼロゼロイチゴー)

天然皮革(日本産)クロームなめし

pepeサイドで木はチェリー。

オレンジと黒の組み合わせは力強い。力を放つ感じ。

表面の細かいシワ(シボ)が特徴で、手触りはとても滑らか。レザーの中では軽やかな印象です。

L1ランク RIO-1015(イチゼロイチゴー)

天然皮革(日本産)クロームなめし
シボがあること、手触りの滑らかなことはRIO-0015と同じ、両者の違いは0015が真っ黒、この1015が濃い焦げ茶であること。
 

L2ランク YA-COG

天然皮革(日本産)クロームなめし

hataチェア、木はチェリー。

このレザーの色はチェリーが経年で変化したときの色にかなり近いので、この組み合わせは溶け合うような関係です。

ミルクチョコレートぐらいの茶色。

ツヤは3分ぐらい(ぴかぴかが全ツヤ、7分、5分、3分と数字が少なくなるほどツヤが減る)。

滑らかな手触りです。

茶系レザー7種を区分するとL3ランクのMI-KW25SO-DU21000SO-DU21004の3つがライトブラウン、このL2ランクのYA-COGが中心的ブラウン、L3ランクのMI-KW36YA-NL3510SO-DU21001の3つがダークブラウンとなります。
 

L2ランク YA-BLK

天然皮革(日本産)クロームなめし

hataチェア、木はナラ。

hataチェアは大人の椅子です。だからクォリティの高いレザーが似合う。

子供が座る場所じゃない。

このL2ランクのYA-BLKには5分ツヤぐらいのツヤがある。ぴかぴかではなくツヤ消しでもなく半分くらいのツヤで光ってます。ツヤ消しは同じL3ランクのSO-DU21003。

 

L3ランク MI-KW25

天然皮革(日本産)タンニンなめし

hataチェア、木はナラ。

茶というよりオレンジに近い。

L3ランクのレザーはどれもオイルレザー。オイルレザーは経年変化が見やすい、つまり使い込むうちにツヤがのって色濃く落ち着きが増してきます。

手触りは滑らか。厚みのある革を使っているので信頼感があります。

このチェアを合わせたダイニングセットはこちら。

L3ランク MI-KW36

天然皮革(日本産)タンニンなめし

hataチェア、木はナラ。

焦げ茶のオイルレザー。

手触りはしっとり、革にしっかりとした厚みを感じます。

やわらかで包み込まれるような座り心地です。

続いてpepeアーム、木はナラ。

丸みを帯びたやさしげなフォルムのpepeアームがこの座面にすることでシックなたたずまいに。

最初からツヤがありますが、焦げ茶の色合いは使い込むほどに濃さとツヤを増します。

年季が入るのが楽しみです。
 

L3ランク YA-NL3510(COG)
COGはコニャック(cognac)のような茶色の意。

天然皮革(日本産)クロームなめし
まさにチョコレート色。厚手のレザーなので適度に硬い手触りです。

L3ランク SO-DU21000(COG)
COGはコニャック(cognac)のような茶色の意。

天然皮革(デンマーク産)


※品番にSOとついているL3ランクのSO-DU21000、SO-DU21001SO-DU21003SO-DU21004SO-DU21005、L4ランクのSO-SH20293、そしてL5ランクのSO-PU20836は世界的ブランドのソレンセン社製です。

L3ランク SO-DU21001(DBR)
DBRは焦げ茶の意。

天然皮革(デンマーク産)

UNI Junior、木はチェリー。

ツヤ消しの焦げ茶。

マットな表情。

チェリーともマッチしています。

続いてpepeアーム、木はブナ。

ツヤで主張しない、控え目かと思いきやしっかりと本革の風格を見せる。

くつろぎの場所。

ブナによる明るさとマットなレザーのよる大人の雰囲気の両方を感じる組み合わせです。

L3ランク SO-DU21003(ANT)
ANTとは蟻ほどに黒いことの意。

天然皮革(デンマーク産)

hataチェア、木はナラ。

ツヤ消しの黒がこの座面の特長。

光沢がなく反射しない。

とてもきれい。

こんな椅子に座ってみたい。

L3ランク SO-DU21004(CAM)
CAMはキャメル色の意。

天然皮革(デンマーク産)

L3ランク SO-DU21005(GRN)
GRNは緑の意。

天然皮革(デンマーク産)

hataチェア、木はアッシュ。

明るいアッシュの木肌と深緑がマッチしています。

奥行きのあるツヤ消しの緑が落ち着きを感じさせます。

L3ランク共通のオイルレザーだから厚みのあるしっかりとした手触り。

格別の緑と言えます。

 

L4ランク YA-ACQ(WH)
WHは白の意。

天然皮革(イタリア産)クロームなめし

L4ランク SO-SH20293(EBN)
EBNは黒檀(ebony)ほどに黒いことの意。

天然皮革(デンマーク産)クロームなめし
ナチュラルな質感、L3ランクのオイルレザーよりは柔らかくL5ランクのPU20836よりは硬い手触り。表面には相当細かいシボが入っていますが細かすぎてシボ感はあまりない。

hataチェア、木はウォルナット。

何というかっこよさ。

ウォルナットの木肌とブラックレザーの組み合わせ、痺れます。

これぞ男の椅子です。

 

L5ランク SO-PU20836(BLK)
BLKは黒の意。

天然皮革(デンマーク産)タンニンなめし
ナチュラルな質感、手触りは柔らかくシボ(細かいシワ)のある表情。

hataチェア、木はナラ。

座面の黒とナラの木肌の組み合わせが、落ち着きと明るさの間のちょうどいい加減。重すぎず軽すぎず。

黒で引き締まりhataの美しい曲線が際立ちます。

滑らかでしっとりとした座面がお尻にフィット。レザーすべての中でもっとも柔らかい。

ダイニングチェアとして最高レベルの座り心地です。