カグオカでご注文いただけます。(テーブルのみ)

ダイニングチェアの選び方もご参照ください。

 

丸ダイ3本脚(タモ)

丸ダイ4本脚(メープル)

丸ダイ5本脚(メープル)

丸ダイ5本脚(クルミ)
new!

typeR(クルミ)

typeS(クルミ)

鉄脚(極厚ウォルナット)
new!

 
セブンチェア。

ウェグナーのYチェアと並ぶ、世界で最もよく知られた椅子のひとつです。 カラーバリエーションが豊富で色は22種、木は5種あります。 これはダークステインドオーク。写真では黒に見えるけど、寄るとわずかに茶色がかっていることがわかります。

極薄の板を何枚も重ねて型にはめ、強くプレスしてこの形を作ります。 背中のふくらみ、お尻のくぼみにぴったりフィットするカーブになっているので座ったときの包まれ感が大きい。

さらにさきほど重ねた複数枚の板厚の合計が8mmしかないので背中をあずけるとしなります。 これが他の椅子にはない特徴で、リクライニングシートとまではいきませんが確実にゆったり度を増してくれます。

20万回にも及ぶ強度試験をクリアしています。いくら体重をかけても割れることはないのでご安心を。

それとこのスチール脚。直径14mm。 木製とは違うクールで都会的なイメージです。 金属だからこそここまで細くでき、脚同士を横方向につなげる貫(ぬき)がなくても大丈夫、そのおかげでダイニングセットの足下が見た目にとてもすっきりするのが大きなメリット。

7の形に見える背もたれがその名の由来と思いきや、実は製造ナンバーからとのこと。ふ~ん、そうだったのか。

使わないときはこうして重ねておけるので来客用に部屋の隅にストックできる。好きな方はたまらなく好きな椅子です。

いちばん気をつかわずに済む椅子と言えるでしょう。少々手荒く扱っても大丈夫。リビングダイニングに掃除機をかけるとき、ヘッドが当たったってかまわない。 移動もしやすい。サッと持ち運べる。

座り心地はあなどれない。背もたれから座面にかけてヒトの身体にぴったりあう曲線を描いているうえ体重をかけると適度にしなるため、包まれ感がある。

横幅は46cm、boチェアに次ぐコンパクトさゆえに小さなテーブルにより多くが座るのに有利。またテーブルの奥まで差し込むことができて省スペース。

そんなポイントよりもむしろ、ともすれば木ばかりになりがちなダイニング・スペースにシルバーの光り輝くスチールが紛れるという異質の存在感こそ第一の魅力かも知れない。 単調な空気にアクセントを加えてくれる。そういう観点で選ぶのもありだと思う。座面は無数のカラーバリエーションがあるから自分好みを選ぶことができる。
 

丸ダイ3本脚とセブン

3本脚の丸ダイニング、タモ、直径100cmと。

茶色いセブンは1955年の発売当初にラインナップされていたチーク・バージョン。いまや貴重品です。

脚が細いこと、貫がないことで足下がこんなにもすっきりとします。

肘掛けがないから奥まで差し込めるし。

様になってます。
軽快さ、モダンさと言えばセブンが一番。













SSL

 

丸ダイ4本脚とセブン

メープルの4本脚丸ダイ、直径150cmと。

色の濃い椅子との組み合わせでコントラストがはっきりしています。 メープルの白さと明るさがさらに際立つのです。

4本脚の丸テーブルを6人で囲むときは座り方に注意が必要です。 幅の狭い椅子であればテーブルの脚間に2人座ることも可能ですし、

こうして1人で悠々と座ることもできますが、

肘掛けがついていたり体格の大きな方が座る場合は

こうして脚をまたいで座るケースも出てきます。
ご検討の際はこの点を考慮に含めてください。

ごちゃごちゃとした印象がなくてとてもすっきり。
圧迫感がないからサイズが大きいことを忘れさせてくれます。
金属のクールさと木のあたたかみの両方を感じられる、ナチュラルモダンテイスト。













SSL

 

丸ダイ5本脚とセブン

直径135cmのメープルの5本脚丸ダイと。

これもまた印象的。とてもモダンでクール。
自宅用としてはもちろん、
事務所の打ち合わせスペースにも使えそう。

他と比べて足元がすっきり。掃除がしやすいのも助かります。
 

続いてクルミの5本脚丸ダイと。

モダンで機能的、実務的印象のチェアなので、やはりオフィスや自宅でも事務所を兼ねているような際にお使いの方が目立つ一方で木とメタリックなシルバーとの対比の鮮やかさ、

木材ではありえない金属ならではの細脚によるテーブル下のすっきりとした感じ、軽量でスタッキング(積み重ね)可能な利便性、

そしておしゃれ家電やインテリアのプロダクトイメージにぴったり良く合います。
それらプラス面を見出した方が一般家庭用に選択されることも決して珍しくありません。

丸テーブルにおいては基本的にテーブルの脚の本数イコール定員です。どういうことかと言えばチェアがおさまるスペースはテーブルの脚と脚の間であり、脚数が5本ということはチェアを差し込めるのは5ヵ所となり、誰ひとり足元を気にすることなく5人全員がすっきり気持ちよく座ることができるということ。

食事はもちろん家事やそれぞれが別の、例えばノートPCで仕事をするにも十分な広さ。
ナチュラル・モダンなダイニングセットです。
 

typeRとセブン

クルミのtypeR、W170cmと。

洗練されたスマート・ダイニング。

セブンのクールさと、クルミのあたたかな感じのコントラストが面白い。

十分な広さなのでふだんはこうして
セブンをスタッキングしておき、

来客時には6人掛け。













SSL

 

typeSとセブン

クルミのtypeSと。
テーブル幅は170cm、脚の内々の距離は160cm。
合わせたセブンチェアの幅が50cm、これは一般的な椅子にすれば普通サイズ。 そのつもりで参考にしてください。長辺に2人はごらんのとおり。椅子を出し入れする左右の余裕がたっぷりある。
 

さすがに3人はきつい。入らなくはないが…。

6人がけならこうしたほうがいい。
4人がけの最小サイズが130cm程度のところ40cmも長くさらに奥行きが90cmと広めだから短辺に座っても余裕があるのです。

ふだんはこう。

高さは70cm、体格や椅子の座面高にもよるけど、これぐらいが使いやすい。

セブンのいいところは積み重ねておける(スタッキングできる)こと。
場所をとりません。この2脚はお客さんが来たときのものとしてスタンバイ。

カグオカのショップに現品あります。
よかったら見に来てください。













SSL

 

鉄脚とセブン

ウォルナット鉄脚ダイニングテーブルと。
このテーブルについて詳しくはこちら。

色、デザイン、素材、この組み合わせはとても相性がいい。

おさまりはこう。今回付けた引出は大きいサイズですが、これが標準サイズの引出であればこのスペースがもう少し広くなります。

肘掛けがないので奥まで差し込めます。

このテーブル、食卓だけど仕事にもというご夫婦からのオーダー。

ダイニングテーブルと呼ぶべきかワーキングテーブルあるいはデスクと呼ぶべきか迷うところ。

「引出は向かって右側に」とのご指示どおりに。筆記具や書類が整然と入ります。

全体としてはA3サイズ、仕切れば片側にノートPCも。

しゃれたオフィスのよう。

150cm×70cmというサイズ、2人で使うには十分。

この位置関係、それぞれが自分のスペースを確保できなおかつデッドスペースがない。
部屋を有効に使うためのアイディアとして検討の価値ありです。













SSL