スピーカースタンドtype3
カグオカのスピーカースタンドtype3、そしてオーディオラック、木はウォルナット。

ラインナップ

ピッタリはまってます。
完全対応ですから。

室内に据えるからには家具でありインテリアに馴染まなくちゃ。
見た目も音も、胸が空くような気持ち良さ。

DIATONEのDS66Z。

無垢ウォルナットの滑らかな木肌、独特な色合い、密な材質。

厚み3cmの贅沢な板づかい。

スリット状に通る光の演出。
 

大人のリラックスタイム。

Nakamichi IA-1とMB-2S、
黒が映えます。

お気に入りの1枚をセットして音出しをした瞬間、衝撃的でした。
こんなにも違うのかと。リアル感、ダイレクト感、機器の性能が存分に発揮されます。
感動すること請け合いです。

使わないオーディオをお持ちの方、ぜひしかるべき環境を整えてあげてください。
素晴らしい音を響かせてくれるでしょう。カグオカがカッコよくあつらえます。
ご相談を。

意外な転用例

SPEAKERSTAND type3
木の種類:ウォルナット
サイズ:W340mm D300mm H330mm
仕上げ:オイルフィニッシュ
重量:約 5kg/本

AUDIO RACK type3
木の種類:ウォルナット
サイズ:W510mm D375mm H660mm
仕上げ:オイルフィニッシュ

Price of スピーカースタンドtype3
いまご紹介したスタンドの場合
 
基本価格=(340+300+330)×32×262,080円
セット価格63,000円
(切り上げ)
 
計算式は説明をご参照ください。

Price of オーディオラックtype3
 

ナラ、ブナ、タモ

72,000円

チェリー、メープル

74,000円

ウォルナット

76,000円

チーク

128,000円

消費税・送料別(2017.10.1現在)
 

Nakamichi IA-1 & MB-2S仕様で作った場合。
価格はサイズや棚数、木の種類によって変動します。
お問い合わせください。

 

スピーカースタンドtype3の価格についてのご説明
 
材質:すべて無垢の木を使って製作。
金物はスパイク受け等を取り付ける場合のみ使います。
上板:サイズ変更、追加加工可。上板のサイズは載せるスピーカーに合わせます。
スピーカー底面とジャストサイズにも、やや大きくもできます。
スピーカー底面にあるメスネジと上板とをボルトで締めて落下を防ぐための穴を開けることができます。
落下防止穴加工 +2,000円/セット
全体高:変更可。高さは想定されていらっしゃるリスニングポジションになるようお作りできます。
スパイク等をご使用の予定の場合はその分もご考慮ください。
別加工:対応可。何なりとご相談ください。
仕上げ:選択可。オイルフィニッシュ、ウレタン塗装から選択。
ただしチークはオイルフィニッシュのみ。
ウレタン塗装 +8,000円/セット
基本価格:つぎの計算式により基本価格が決まります。
お手持ちのスピーカー専用のスタンドを製作するにはこの方式がベストだと思います。
 基本価格=(上板のW+D+全体高H)×掛け率 ×2
 ※Wとは横幅、Dは奥行き、Hは高さのこと。単位はミリ。
 木の種類ごとに決まっているtype3の掛け率はつぎのとおり。
 
 ナラ、ブナ、タモ 30
チェリー、メープル 31
ウォルナット 32
チーク 41
 
価格:セット価格(左右2本1組) = 基本価格 + 追加加工費(千円未満の端数切り上げ)
 これに送料、消費税が加わり、納期によっては早割が適用となります。
 
 ご質問、ご相談などあればお問い合わせください。

ユーザーレビュー(抜粋)

H・Oさん photo | 埼玉県さいたま市 | スピーカースタンドtype1(Stirling Broadcast BBC Monitor LS3/5a V2仕様)new!

このたびは、スピーカースタンドを作製頂きありがとうございました。
使用しているスピーカー(stiring broadcast LS3/5a V2)には、メーカーから純正スタンドも販売されていますし、他のメーカーからもこのスピーカー用のスタンドが販売されています。 しかし、純正スタンドは高さが高すぎ、デザインも好きになれませんでした。 また、他のメーカーのものは金属製で、このスピーカーに合わないと思いました。

そこで、日曜大工センターなどで自作しようとしていたところ、ネットでカグオカさんを偶然に見つけました。 木製で、特注でき、見た目も非常にきれいでしたので、お願いした次第です。

出来栄えは本当に見事です。 1枚の板から作製されているとのことで、確かに、下板でも上板でも2つのスタンドの間で木目が連続しているのが分かります(写真1、2)。 合板や突板仕上げにない美しさがあります。 支柱の空間もおしゃれで、色合いといい、見ているだけでうれしくなる、そんな感じです。 加工精度の高さも抜群で、床に直に置いたときのガタツキは全くありません。(実際には、滑り止めのため、床とスタンドの間に1cm×1cm程度の牛革を4枚使用しています。)

スピーカーを載せたときの写真が写真3、4です。 小型のスピーカーに対して上板が厚く、上板に対して支柱も十分に太いので、重厚な感じがします。 スピーカーをしっかり支えているという印象です。 チェリーのエンクロージャーとチークのスタンドの色も良くマッチしています。

肝心の音についてですが、自分の持っているアンプとCDプレーヤー(写真5)でこのスピーカーを鳴らすと、こういう音がするはず、という音が出ています。 ニュートラルで、変な癖は全く感じられません。 音色については、予想していたよりも濃い感じがします。 そのためか、弦楽器の音色が非常にきれいで、バイオリンとビオラの違いなども良くわかります。

手入れ方法も教えていただきましたので、これに倣って手入れをして、スピーカーともども末永く愛用したいと思います。
今回は、本当にありがとうございました。

スピーカースタンドについてのすべてのレビューを読む