男前な家具

家具は男女を問わないものですが、「これは男にはたまらない」と感じる家具があります。
そんな男っぽい家具を一堂に集めました。

ひとり使いをイメージしたのでダイニングは除外。
 

まずは鉄脚ローテーブル。

鬼のような猛々しさ。どう見ても漢です、こいつは。

さらに黒鉄とくれば、まさに鬼に金棒。

サイズはW120cm、D80cm、H35cm。

これだけあれば食卓にも大きめのソファテーブルにもパソコンデスクにだってなる。 家族なら4人かな。

お客さんが来たときの応接テーブルだとしたらとてもかっこいい。

本を広げてひと仕事。

どの色も映えるけど、とりわけ黒が。

男らしく豪快に。

旨い酒が飲めそうです。

この家具についてさらに詳しくはこちら。
 

一方チーク。少しマイルド。少し優しい。
詳しくはこちら。

 
続いて片袖デスク。木はウォルナット。

ひとりの時間、自分の空間が必要です、男には。

もちろんブラックで!

このデスクには男心をくすぐる仕掛けがある。

袖(引出の箱)が左右どちらにでもなる。
いままでの写真では左、これは右。

詳しくはこちら。
 

一方チーク。

やはりウォルナットと比べるとマイルドな印象。
いわば革靴に黒と茶があるのに似てる。

どちらも男使い、あとは好み。

これは左袖。詳しくはこちら。

 
続いてねじれスツール。
無相創とのコラボ企画商品で、カグオカが製作を担当しました。

比するものない存在感。

この色、

この技。

脚先が丸いので畳にもやさしいスツール。
詳しくはこちら。
 

続いてちゃぶ台、そのハイブリッドタイプ。
木はチーク。

すべての無駄を削ぎ落としたこのフォルム。

脚はたたんで収納。
機能と美しさの追及は男の本能。

濃密な茶褐色を酒膳として酌み交わす酒もまたよし。
このちゃぶ台について詳しくはこちら。
 

続いてソファテーブル。

木はウォルナット、ブラックレザーのソファとで重厚な雰囲気。
大人の空間です。

飲みながら雑誌をめくる。

夢中になっているとついついやってしまうわけだ。
コーヒーをこぼす。それが男。

でも慌てない。ここにある!

習性を見越した作り込み。

これもまた男性に使って欲しい家具です。
詳しくはこちら。

 
続いては宮崎椅子製作所のhataチェア。
木はウォルナット、座面はブラックレザー。

男前家具の鉄板の組み合わせ。

精悍で黒光りするフォルム。

肘掛けに腕を預けて自分だけの時間をゆったりと過ごす。

背中で語る。

日焼けした男の力強さ、たくましさ、かっこよさを感じます。
詳しくはこちら。
 

同じく宮崎椅子製作所のpepeソファ、1人掛け。
いまのhataチェアと同じ組み合わせ。

さらにどっしりとした安定感が加わります。

ブラックレザーとウォルナットが醸す高級感ときたら。
実際、価格的にも一番高い。

でも、いいものには惜しまない。それが大人の判断。

撫でてやってください。
いいツヤが出ます。

頼りがいのある姿。

仕事の疲れを癒す場所としていかが。
詳しくはこちら。
 

ウォルナットのシェーカーチェスト。
この立ち姿。荘厳な美しさ。

5つの引出すべてがこう。
隠れたところまで技術が駆使されているっていうのが痺れるポイント。

そしてまた!

身だしなみは男の生き方そのもの。
このチェストについて詳しくはこちら。
 

再度のちゃぶ台、こんどは長方形。
木はウォルナット。

文机、和風な知的生活を送るには欠かせない。

入念な作り込みは職人仕事。

サイズは84cm×52cm、ひとりならこれで十分。

脚をたたんで床に伏せれば酒膳にもなる。

使わないときはこうして部屋の片隅に。

いい男には教養も必要。書斎机として。
このちゃぶ台について詳しくはこちら。

 

このページで紹介したどの家具も注文可能です。
受注停止中のものもあり)
気になる家具があればお問い合わせください。