シェーカーチェスト

シェーカー家具の復刻版です。1844年にJoseph Myrickが作ったオリジナルを
ベースに幅と高さを縮小して再現しました。生まれた場所を冠してハーバード・チェストとも。

シェーカーというのは19世紀のアメリカにあった宗教団体のことで、
共同生活を送る中で必要な物品は自ら生産していました。不要な装飾のない質実な印象の
強い家具や生活用具は信仰とは別にいまも多くの愛好者に支持されています。

ウォルナットの重厚な色合いと木目が力強く精悍。
と同時に丸い取っ手が表情に見えてかわいらしくもあり。

独特な存在感。

背中はこう。
きれいだから見せられる。

静寂を感じるたたずまい。

さて、引出。

小さいのが2つと大きいのが3つの計5つ。 ひとことで「大」と言っても実はぜんぶ深さが違う。 「小」も含め最上段から最下段に向かって一定の割合で大きくなってる。 あらためてよく見てみると気づきます。 それぞれのサイズのモノをふさわしい深さの段にしまえるし、遠近法が効いて視線が心地よい。 そんな隠し味。

2段目、深さ約13cm。

それは身体のどこに付けるモノなのか、上のほうに付けるモノは上に、下に付けるモノは下にしまうのがおすすめ。 取り出すときの意識と動きが一致するので自然。

細かいことやってます。

4段目(最下段)。

17cmの深さがあるから無印のラタンバスケット(中)がぴったり入ります。 2つ3つと並べることもできる。

忘れちゃいけない1段目。

ネクタイを小分けするトレイ付き!(オプション)
取り外せるのでトレイの下にもしまえるという優れもの。
これはカグオカ・オリジナル。

こう使う!

今日はどれにしようか、選びやすい。

下段にも。

慶弔用とかサスペンダーとかそんなものでもいい。
上下ともトレイにすることもできます。

2段目以降は、

ワイシャツだとかズボンだとか

靴下だとか。

高さは92cm、大人の腰ぐらい。

チェストって収納だけでなく、ディスプレイとか置き場としての役割もあるんです。 フォトスタンドとか本立てとか。

もともと無垢の木とレザーは本物どうしで相性抜群のところ、ことウォルナットにいたってはその濃い木肌が男っぽくてタフな使用にも耐えるイメージがぴったり。

存在感も質感も実用性も抜群。

どうです、こんなチェストは。

長野の善光寺の近くのお宅へ納品。

リビングの隅に置いてパパママのもの、2人の娘たちのものをお片付け。 いざしまうとすぐに一杯になっちゃうんですよね。 白壁とフチなしの琉球畳にウォルナットが映え、きれいなアクセントになっています。

木の種類:ウォルナット(本体)、ホオ(引出内部)
サイズ:W900mm D480mm H920mm
仕様:ネクタイトレイ2個付き(オプション)
仕上げ:オイルフィニッシュ

Price of シェーカーチェスト
 

クルミ、ナラ、パイン

390,000円

メープル、チェリー

400,000円

ウォルナット

420,000円

チーク

520,000円

消費税・送料別

 

ネクタイトレイ +4,000円/個

 

多忙につき受注停止中 →詳しく

おまけ。
サイズや比率検討のために事前に作った1/5縮尺のミニチュア。
引出は開きません、念のため。

ユーザーレビュー(抜粋)

N・Tさん photo | 広島県広島市 | ナラマガジンディスプレイラック(オープンタイプ)new!

・サイズについて
メープルマガジンディスプレイ(W1000D200H1300)が出た当初から、気になっておりいつか購入したいと考えていました。 しかし、購入する決断がつかないうちに今度はチェリーマガジンディスプレイ(W1200D290H1500)の登場! 子供たちにはこのサイズではまだ大きいかと思いましたが、背の高い図鑑を収納しできるこのサイズに決めました。
ディスプレイ部分の出来るだけ下の段に子供用の本を置くように工夫はしていますが、6歳の子(115cm)なら3段目までなんとか届き、2歳の子(80cm)では1段目にようやく手が届くぐらいで本はなかなか取れません。 でも、すぐ大きくなるので問題なし!

・置き場所
置き場所はリビングに入ってすぐ右に配置しています。 とにかく一番長くみんなが過ごすリビングの中に置き、本をディスプレイする事で家族みんなが本を読む機会が増えればと思っています。 それぞれの好きな本をディスプレイし、読みたいときにすぐ手に取れる、そんな環境づくりに貢献してくれるディスプレイラックだと思います。

・デザイン、使い勝手について
家具自体に派手さはありませんが、シンプルがゆえに本や小物を収納した時に収納したものが際立つ気がします。 欲を言うならディスプレイ部に少し傾斜が付いていれば本の納まりがもっと良いと思います。 今のままでも、気をつけて収納すれば本が前のめりになることはないので十分なんですけどね!

・ナラについて
今回ナラを選んだ理由は、ダイニングテーブルとダイニングチェアがナラ材を使用したものであり色合いの統一を図りたかった事が一番の理由ですが…。 元々ナラ材家具の購入を決めたのは頑丈さ、落ち着いた色合い、木目の穏やかさです。 ブラックウォールナットとでかなり悩みましたが、最終的に明るい色を選択しました。

・部屋に置いた印象等
マンション暮らしのためリビングはあまり広く、大きさに多少の不安はありました。 しかし、マガジンディスプレイラックの奥行きが想像していた程には深くはなかったため、収納力はありますが、圧迫感はなく本当に大満足です。

チェスト、シェルフ、ラックについてのすべてのレビューを読む