クリームカップボード
木肌の透けるクリーム色がかわいい、2分割式のカップボード。

1体式に比べて見た目が軽い印象です。

棚が5段、引出が6つに開き戸2つ。
天板の上にも置けるし、相当な収納力。

棚の縁には立ち上がりが。
手を滑らせたり地震のときに食器が落下という悲劇を防ぎます。

上品なイメージはアクセントをつける程度の控え目な装飾のおかげ。
キッチンスペースが明るく素敵になること請け合いです。

壁強度の問題があるのでご注文の場合は新築、リフォーム工事前にご相談ください。

木の種類:ポンデロッサパイン
サイズ:(上段)W1150mm D225mm H900mm
(下段)W1150mm D380mm H800mm
(全体)W1150mm D380mm H2000mm
仕上げ:クリーム着色(ウレタン塗装)

ユーザーレビュー(抜粋)

N・Tさん photo | 広島県広島市 | ナラマガジンディスプレイラック(オープンタイプ)new!

・サイズについて
メープルマガジンディスプレイ(W1000D200H1300)が出た当初から、気になっておりいつか購入したいと考えていました。 しかし、購入する決断がつかないうちに今度はチェリーマガジンディスプレイ(W1200D290H1500)の登場! 子供たちにはこのサイズではまだ大きいかと思いましたが、背の高い図鑑を収納しできるこのサイズに決めました。
ディスプレイ部分の出来るだけ下の段に子供用の本を置くように工夫はしていますが、6歳の子(115cm)なら3段目までなんとか届き、2歳の子(80cm)では1段目にようやく手が届くぐらいで本はなかなか取れません。 でも、すぐ大きくなるので問題なし!

・置き場所
置き場所はリビングに入ってすぐ右に配置しています。 とにかく一番長くみんなが過ごすリビングの中に置き、本をディスプレイする事で家族みんなが本を読む機会が増えればと思っています。 それぞれの好きな本をディスプレイし、読みたいときにすぐ手に取れる、そんな環境づくりに貢献してくれるディスプレイラックだと思います。

・デザイン、使い勝手について
家具自体に派手さはありませんが、シンプルがゆえに本や小物を収納した時に収納したものが際立つ気がします。 欲を言うならディスプレイ部に少し傾斜が付いていれば本の納まりがもっと良いと思います。 今のままでも、気をつけて収納すれば本が前のめりになることはないので十分なんですけどね!

・ナラについて
今回ナラを選んだ理由は、ダイニングテーブルとダイニングチェアがナラ材を使用したものであり色合いの統一を図りたかった事が一番の理由ですが…。 元々ナラ材家具の購入を決めたのは頑丈さ、落ち着いた色合い、木目の穏やかさです。 ブラックウォールナットとでかなり悩みましたが、最終的に明るい色を選択しました。

・部屋に置いた印象等
マンション暮らしのためリビングはあまり広く、大きさに多少の不安はありました。 しかし、マガジンディスプレイラックの奥行きが想像していた程には深くはなかったため、収納力はありますが、圧迫感はなく本当に大満足です。

チェスト、シェルフ、ラックについてのすべてのレビューを読む